ただのスポーツではない|日本の伝統的なスポーツ|剣道の防具を揃えるテク

日本の伝統的なスポーツ|剣道の防具を揃えるテク

面

ただのスポーツではない

試合

人間的な成長を目指します

剣道の魅力は、何と言っても人間的に成長できる点です。よく聞く言葉ですが、「礼に始まり礼に終わる」というほど、礼儀を大切にしています。刀は、平安時代以降の戦における主要な武器として用いられるようになり、現在の剣道の武具が開発されたのは江戸時代中期と言われています。大正初期には現在の剣道という名前に改められました。このように、剣道は日本の歴史とともに発展してきた武道なのです。剣道は、最初は武士が敵を倒す修行として始められましたが、次第に剣の道を修行するためのものとなりました。そこからさらに発展し、剣の道以外にも、人間としての道、さらには精神修行の場となり、現在の様な人間としての鍛錬の場となっていったのです。

竹刀での激しい戦い

剣道は、竹刀を用いて相手に攻撃するものです。柔道なども礼を重んじられるものですが、己の体だけで戦う点が大きな違いです。つまり、剣道はそれだけ激しい戦いになるにも関わらず、人間としての尊敬を持って行うために武道として成立するのです。武具は、他の武道よりも何倍も大掛かりなものになります。竹刀を使った危険性のある競技なので、身を守る必要があるためです。しかし、面、胴、小手など、武具がそのまま競技の勝敗に関わる役割も果たします。それが、他の武道には見られない剣道ならではの特徴です。武具は、ご自分の力量にあったものを選びましょう。稽古を重ねて実力を備えるたびに武具も段階的にアップするのは、剣道の醍醐味であると言えます。